ブログ ホームページ

ホームページ(サイト)をWordPress(ワードプレス)で作る

更新日:

WordPress(ワードプレス)でも作れるホームページ

そもそもWordpressとは何かを知っている方は、どのくらいいるのでしょう。恐らく聞いたことある人は、ホームページ制作業者の方、アフィリエイトをしている方、ソフトウェア開発などのIT業界の方や、既にブログを始めていて研究熱心な方などではないでしょうか。Wordpress自体は世界中で無料で使用されているシステムですが、インターネットをしている人皆が知っているものでもありません。IT企業の役員でも知らない人はおります。ここに辿り着いた方は、ご自身でホームページを作ろうとしている方ではないでしょうか?そんな方は「Googleで検索する」能力がある方であると推測できますので、Wordpressでホームページを1から全て書き記す必要はないと勝手に判断して(笑)、ポイントだけお伝えしたいと思います。Wordpressは元々PHPとSQLデータベースで作られたブログシステムであり、CMSでもあります。中にはCMSだと認めない方もいるようですが、管理画面そのものもカスタマイズできますし、固定ページも自由に作れるところは、CMSと言っていいと思います。

 

WordPressで制作するうえで

まずWordpressの環境を整える上で、必要なものは何かというと、

  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン

の2つです。
既に自社のホームページを制作済で作り替えの場合は、借りているサーバーの仕様(サービス)に、Wordpressが含まれているか探してみてください。Wordpressが対応しているとすれば、SQL(データベース)もセットで使えるはずですので必要項目から省いていますが、必要です。Webサーバーは実は自分で構築も出来ますが、24時間稼働させたりメンテナンスしたりの労力が増えるだけですので、レンタルするのをお勧めします。ドメインに関しても、既にホームページを運営しているのであれば、借りているサーバーとセットで使用できますのでそのままで結構です。ただし、サーバーもドメインもホームページ制作業者の方が管理しているのであれば、

  1. 別途サーバー契約
  2. WordPressインストール
  3. ホームページ(サイト)制作(リニューアル)
  4. 現サーバー解約申請
  5. ドメイン移管
  6. ホームページリニューアル切替

といった流れになります。
特にドメイン移管は、我々プロでも時間のかかる工程になりますので、メールのサーバー移動も含めて厄介な部分です。

 

サーバーを選びます

ここでは、新規またはご自分でサーバーレンタルやドメイン設定をしている方を対象に記します。レンタルサーバーは、検索で探すと幾らでもヒットすると思いますが、手軽に始められるサーバーとして

などありますが、アフィリエイター御用達のエックスサーバーは使いやすさとWordpressとの相性の良さが定評です。申込をすると、各社「コントロールパネル」へのログイン情報を渡されると思います。同時にドメインも申し込んでください。会社であれば、*******.co.jpが日本の法人としてお勧めです。会社の審査が入りますので、登記年月日をご用意ください。

 

WordPressのインストール

WordPressをインストールする前に、SQL(エスキューエル)というデータベースを用意する必要があります。Wordpressが用意されているところは、必ずデータベースはあります。各サーバーには必ずマニュアルが用意されているので、追加方法はそちらで確認して下さい。データベースを用意して、Wordpressを自動インストールすると、ログイン情報がメールされてきますので、管理画面へログインしてください。管理画面左側に「固定ページ」と「投稿」がありますので、

「固定ページ」へ進んで、「新規追加」からページを追加していきます。「投稿」はブログ機能になります。機能的にはどちらでも実はできますが、「投稿」の方にはカテゴリーで分けたカテゴリー表示ができたり、
「最近の投稿」や「最新記事」など、ブログ記事としての扱いをしているので、ホームページとしての作りをする場合は、やはり「固定ページ」を使います。

 

テーマというテンプレートを選びます

制作の前に「テーマ」を選んでダウンロードしておきます。テーマとは、Wordpress用のテンプレートです。ある程度ホームページ用にデザインされたものがありますので、イメージに合うものをダウンロードして下さい。「Wordpress テーマ 無料」と入れてGoogleやYahooで検索すると、様々なタイプのテンプレートが見つかるはずです。有料のテーマも存在しますが、初めて試してみるのであれば、無料でも十分でしょう。

 

メニューを作って制作開始

固定ページのタイトルは、基本的にページのタイトルで良いでしょう。まずは内容の前にコンテンツを決めて、ページを新規追加で作っていきます。必要なぺーじが揃ったら、メニューを作ります。左のカテゴリーから設定⇒メニューと進みます。テーによっては作り方が違いますので、マニュアルに従ってメニューを作って下さい。

画面は、固定ページから「メニューに追加」ボタンで追加し、下の「ヘッダー用メニュー」にチェックを入れてメニューを保存した例です。「投稿」ページをメニューに追加して、「ブログ」というメニュー名にすることも出来ます。後は、固定ページの中身(コンテンツ内容)を作成して公開します。

 

まとめ

いかがでしたか?
かなり足早でしたが、今回は自分で作れる方向けに流れを書いてみました。中身の作りまで書こうとすると本1冊書ける内容になるので割愛しています。当社でも制作はもちろん承ってますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

制作に関するお問い合わせ


[recaptcha]
 

-ブログ, ホームページ

Copyright© 超簡単で楽らくにHP(ホームページ)を作成編集 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.