ホームページ

ホームページをスマートフォン対応(変換)させるには?

更新日:

スマートフォン対応率の現状

スマートフォンの普及が急速に伸びている昨今、今や持っていない人を探す方が難しいくらいであることは言うまでもありませんね。ただ、その情報を提供する側のホームページはスマートフォンに対応しているのか?というと、実は未だに半数近くは未対応であるのが現状です。

スマートフォンに対応してないと

スマートフォンに対応する方法としては2パターンあって、一つはスマートフォン用にもう一つホームページを作る方法と、レスポンシブウェブデザインによる方法があります。スマートフォン(モバイル)対応していないホームページを、スマートフォンで閲覧した場合、全ての表示がスマートフォンの幅に「縮小」されて表示されてしまうため、画像も文字もほぼ見えません。老眼の私はなおさら読むことは不可能です(笑)。

モバイルアクセスの現状

BtoB(会社と会社による取引)の場合は、パソコンでのアクセスが7割、スマートフォンやタブレットといったモバイルからのアクセスが3割となりますが、BtoC(会社と消費者の取引)のように、個人を相手にする商品などを扱う場合、アクセスはBtoBの逆で、モバイルが7割を占めるようになります。その7割の「見込みとなるお客様」を逃さないためにも、スマートフォン(モバイル)対応は今後必須になってきます。

モバイルサイトの追加で対応する場合

スマートフォン用のサイトを追加する場合は、単純にもう一つ同じメニューの同じ内容のサイトで、幅がスマートフォン用のサイト(ホームページ)を作るということになります。作ったサイトは、今使用しているWebサーバーの一つ奥にあるディレクトリ(フォルダ)に配置される事が多く、htrtp://******.co.jp/m/←こんなアドレスになるケースが多いです。この例の場合、今までのパソコン用の一つ奥に作った「m(恐らくモバイルのm)」という名の入れ物にファイルを置いているというのが分かります。もう一つサイトを作るということは、制作会社に頼む場合、費用も2倍近く掛かるという事になりますよね。更に、もう一つあるということは、修正や更新をするのも2倍の手間が必要になります。因みに、このモバイル用のサイトをパソコンで表示した場合、未対応の時とは逆で、画像などが拡大されて表示されます。画像も解像度が合わないため非常に汚なく写ります(笑)。

レスポンシブウェブデザインで作る場合

もう一つの方法は、レスポンシブウェブデザイン。これはパソコン・タブレット・スマートフォンそれぞれのブラウザからの表示レスポンスによって、メニューの位置も含めた表示レイアウトを変更する技術です。パソコンで表示している時に、マウスでブラウザの幅をゆっくり縮めていくと、その変化が見えますので試してみてください。この場合、表示されるアドレスは、パソコンとスマートフォンで変わることはありません。更に、修正・更新する場合でも、パソコン用のホームページを更新するだけで、スマートフォンでも同じ結果が得られます。ただ、今あるスマートフォン(モバイル)未対応のホームページを難なくレスポンシブに出来るかというと、これも難しいです。中のソースの書き方の規準が変わりますので、作り直すと言っても良いでしょう。

どちらでモバイル表示に対応するべきか

二つの方法を比較すると、レスポンシブウェブデザインに作り替えた方が、将来性があると思います。なぜなら、5年後10年後にモバイルの形がまた変化している可能性もあるからです。ブラウザ自体が必要無くなってしまうと、この理由は成立しないのですが。。(笑)。現状で言うと、モバイル側の大きさが変更されても、最適化して表示可能であるということと、2種類のサイトを編集する必要もないのが利点です。

CMSには標準装備です

楽らくページは、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)として作られた、ホームページ作成ツールです。レスポンシブウェブデザインにも勿論対応していますので、スマートフォン検索の場合でも最適化します。Googleが2015年に、スマートフォン(モバイル)対応していないサイト(ホームページ)は、モバイル検索結果の順位を下げると発表したものの、対応が遅れているのか猶予期間を延ばしているのか、現在も表示順位が下がっていない様ではありますが、今後急に下がる事も予測して対応を進めておかないと、いきなりアクセスが激減する可能性もありますので、早めの対応をしておきましょう。

 

お気軽にお問合せください


[recaptcha]
 

-ホームページ

Copyright© 超簡単で楽らくにHP(ホームページ)を作成編集 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.