HTMLとCMS

ホームページ

ホームページ制作する上で、HTMLとCMSの違いってなに?

投稿日:

どの方法で制作するのがいいのか?

最近増えてきた「CMS」という仕組み。よく「CMSとは」で調べると、「コンテンツ・マネジメント・システム」の略と書かれていますが、言葉の意味だけではイマイチ理解できませんよね。ここでは仕組みを理解していただいて、ホームページ導入・入替の参考にしてください。

HTMLでホームページを制作する場合

そもそもホームページってどんな仕組みなのかというと、制作者がページのファイルを作ります。作ったファイル(例:index.html)を、ドメインのあるwebサーバーに転送(アップロード)すると、お客様となる方が
ドメインにアクセスしたときに、作ったファイルが表示されるようになります。ページの中身を1ページ毎に制作するイメージです。

htmlイメージ

HTMLのメリット

  • 制作する上でのレイアウトや配色の自由度は非常に高い。
  • ファイル構成は単純なリンク構成で済む。
  • 動きは非常に軽い。

HTMLのデメリット

  • 一般的に編集ソフトが必要。
  • HTMLやCSSの言語の知識が必要。
  • 1ページ1ファイルの制作管理が必要。
  • レイアウトを気軽に変えることは出来ない。
  • ブラウザ毎・バージョン単位で設定が必要。

CMSでホームページを制作する場合

一方CMSは、一般的には仕組みの開発から行うことはありません。予め出来ている仕組みを使って構築します。CMSはデータベースという、データの入れ物を用意して、ページを通ると同時にテキストや画像データを入れ物に自動的に保存します。閲覧する方がドメインにアクセスしたときに、保存してあるデータや画像を引っ張り出して表示する仕組みです。ブログのように似たようなレイアウトで、沢山のページを必要とする場合に適しています。

cmsイメージ

CMSのメリット

  • 言語にあまり触れることなくページができるので、編集しやすい。
  • 予め決められたページレイアウトの中で文字や画像を蓄積するので、ページを増やしやすい。
  • ページレイアウトや色合いを、簡単に変えられる。
  • スマートフォン(レスポンシブ)に対応しているものが多い。

CMSのデメリット

  • バックアップを取る必要がある(場合によってはバックアップもとれない)。
  • 無料で登録して作成が出来るところは、経営不振の場合、急に消滅する可能性もある。
  • カスタマイズする場合は、PHP言語などの知識は必要。

 

まとめ

どちらも一長一短ありますね。CMSの中には、サーバーとドメインを用意した上でその環境にインストールするタイプのものもあるので、登録して運用中に消滅してしまう事を懸念されているのであれば、WordpressのようなCMSを使用するのも良いのではないでしょうか。当社を含め、Wordpressを使用したサイトを提供している業者も多数ありますので、まずはお気軽にご相談ください。

 

お問合せはお気軽に


[recaptcha]
 

-ホームページ

Copyright© 超簡単で楽らくにHP(ホームページ)を作成編集 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.