ホームページの集客

ホームページ

ホームページ制作しただけで集客出来ると思っていませんか?

更新日:

集客するためには

ホームページで集客すればいい。ホームページで売り上げアップ!
などと言っているホームページ制作業者さんもいらっしゃいますが、ホームページだけで集客するには相当のページ数が必要になってきます。
ランディングページってご存知ですか?
1ページの中に、訪れる方の悩みや問題点の提起、共感、解決、事例などを盛り込んでお問合せに誘導するページの事です。
これはこれで今も有効な手法なんですが、このページを数千文字で書き上げて公開しただけでは、実は大したアクセスは来ません。アクセスが来ない限り、ランディングページは機能しませんので、当然問合せも来ないという結果になります。
こういう場合は、あらゆるパターンの関連キーワードによってWeb広告を出すことになるんです。

リスティング広告

ホームページだけで集客する場合も、この広告を出せば最初からある程度のアクセスが見込めますが、当然ながらクリック単価という費用が掛かります。
この場合、費用対効果を考えて設定しないと、広告費だけがかさみ、お問合せを頂けないといった結果になりかねません。
実はホームページはセールスの場であって、広告のキーワードに見合った紹介記事が無いと、そのまま直帰されるんですね。でも広告に長々と記事なんて書けませんよね。せいぜい30文字程度ですから、その短い文字の中に凝縮した言葉を埋めなければなりません。

集客方法の一つとして

それを解決する一つが「ブログ」になります。ブログは情報発信の場として、関連記事を書かなければその効果を実感できないと思います。当社も実は、前に社内ブログを立ち上げていました。
その当時は、立ち上げさえすれば、何か記事を書きさえすればいいのだという認識しかありませんでした。

従って、交代で記事を書いたとしても、社員のランチの内容や町の情報などでした(笑)。

当然ですが、何の効果も見いだせないまま衰退し、終了。。。
これはダメな例です。
でも、こういったブログを運営しているところ実際は結構多いと思いますよ?
以前、当社が提案して商談させていただいた会社様の話ですが、初めてホームページを作成するにあたって、求人と集客を目的として考えているといった内容でした。
当時の私は、社員様の「笑顔写真掲載」と「ブログ」での情報発信を提案しました。結果的には当社のお客様にはなっていただけなかったのですが、私の提案内容をそのまま他社でやっておりました(涙)。
ただですね。私も全ての手法をお話ししていたわけでは無かったので、ブログの内容は単なる会社の行事と日記になってます。事務員さんが代表で書いているようでした。
恐らくですが、この内容ですと「想定している方」からのアクセスは見込めないと思います。
もちろん行事を載せるのが目的であれば有効ですが、記事数は多いのにちょっともったいないな、と思いました。

まとめ

いかがでしたか?
メディアにはそれぞれ「適した役割」があります。ブログはその一つに過ぎません。他にもSNS(フェイスブックやツイッターやインスタグラムなど)、メールマガジンなども活用することで更なる効果が期待できます。目的にあったメディアでのマーケティングを目指しましょう。

ホームページをもっと楽に「楽らくページ」

 

楽らくページのお問合せ


[recaptcha]
 

-ホームページ

Copyright© 超簡単で楽らくにHP(ホームページ)を作成編集 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.